きゅうぶんにほんばし 07 テンコツさんいっか
旧聞日本橋 07 テンコツさん一家

冒頭文

——老母よりの書信—— 鼠小僧(ねずみこぞう)の家は、神田和泉町(いずみちょう)ではなく、日本橋区和泉町、人形町通り左側大通りが和泉町で、その手前の小路が三光新道、向側——人形町通りを中にはさんで右側大通りが堺町、及(および)がくや新道、水天宮は明治七、八年から芝三田辺より来られ候。 三光新道が鼠小僧の家、母親と妹がすまつてゐて、妹には旦那(だんな)があつて、その旦那の来てゐる時は、表のこうし

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 旧聞日本橋
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1983(昭和58)年8月16日