くまとりきょうそう
熊捕り競争

冒頭文

一 御維新の少し前頃(まへごろ)、北海道有珠(うす)のアイヌ部落(コタン)にキクッタとチャラピタといふ二人の少年がゐました。キクッタは十七で、チャラピタは一つ下の十六でした。小さなときから、大へん仲好(なかよ)しで、遊ぶにも魚をとるにも、また罠(わな)をかけに行くにも、いつも一しよでした。ところが、その年になつて、二人が今までのやうに睦(むつま)じくやつていけないことが起りました。それはアイ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本児童文学大系 第一一巻
  • ほるぷ出版
  • 1978(昭和53)年11月30日