だれか
誰か

冒頭文

僕等が原にゐる時は、 誰かこつそりやつて来る。 僕等がたのしくゐる時は、 誰か森からやつて来る。 誰だかちつともわからない、 どんな姿かわからない。 けれどきつとよ、やつて来る、 僕等がたのしくゐる時は。 桂のなかや草(くさ)の上、 僕等と一しよに歌うたふ。 僕等がたのしくゐる時は、 きつと誰だかそばにゐる。 僕等が穴をほる時は、 その穴のなかもぐりこむ。 僕等がおもち

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本児童文学大系 第二八巻
  • ほるぷ出版
  • 1978(昭和53)年11月30日