いろりのなかのまち
ゐろりの中の街

冒頭文

ゐろりの中に街がある、 かすかな足音きこえてる。 ランプがともり、靄がある、 庭の木などに壁などに。 靄のなかから火がもえて てらし出される部屋がある。 屋根やご本も見えてゐる。 みんな真赤にてらされる。 ゐろりの中の街中の、 塔の下かげ行く兵士。 けれど私が見てるうち、 兵士も光も消えてつた。 かうと再び火がもえる。 ふたたび街をてらしだす。 ほうらこんどは谷もある。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本児童文学大系 第二八巻
  • ほるぷ出版
  • 1978(昭和53)年11月30日