おんなこうしゅ
女坑主

冒頭文

「ホホホ。つまりエチオピアへお出でになりたいからダイナマイトをくれって仰言(おっしゃ)るんですね。お易(やす)い御用ですわ。ホホホ」 新張(にいばり)炭坑の女坑主、新張眉香子(みかこ)は、軽く朗らかに笑った。 初期の銀幕スターから一躍、筑豊の炭坑王と呼ばれた新張琢磨(たくま)の第二号に出世し、間もなく一号を見倒して本妻に直ると、今度は主人琢磨の急死に遭い、そのまま前科者二千余人の元

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 少女地獄
  • 角川書店
  • 1976(昭和51)年11月30日