しこくへんろにっき
四国遍路日記

冒頭文

十一月一日 晴、行程七里、もみぢ屋という宿に泊る。 ——有明月のうつくしさ。 今朝はいよいよ出発、更始一新、転一歩のたしかな一歩を踏み出さなければならない。 七時出立、徳島へ向う(先夜の苦しさを考え味わいつつ)。 このあたりは水郷である、吉野川の支流がゆるやかに流れ、蘆荻が見わたすかぎり風に靡いている、水に沿うて水を眺めながら歩いて行く。 宮島という部落へまいって十郎兵衛の遺跡を見た、道

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 人生遍路
  • 日本図書センター
  • 2002(平成14)年11月25日