ぎょうこつき 01 (いち)
行乞記 01 (一)

冒頭文

このみちや いくたりゆきし われはけふゆく しづけさは 死ぬるばかりの 水がながれて 九月九日 晴、八代町、萩原塘、吾妻屋(三五・中) 私はまた旅に出た、愚かな旅人として放浪するより外に私の行き方はないのだ。 七時の汽車で宇土へ、宿においてあつた荷物を受取つて、九時の汽車で更に八代へ、宿をきめてから、十一時より三時まで市街行乞、夜は餞別のゲルトを飲みつくした。 同宿四人、無駄

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第三巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年5月25日