でんしゃ
電車

冒頭文

第一双の眼(め)の所有者 (むしゃくしゃした若い古物商。紋付と黄の風呂敷(ふろしき)) 第二双の眼の所有者 (大学生。制服制帽。大きなめがね。灰色ヅックの提鞄(さげかばん)) 第一双の眼(いや、いらっしゃい、今日は。よいお天気でございます。) 第二双の眼(何を哂(わら)ってやがるんだ。) (失礼いたしました。へいへい。えゝと、あなたさまはメフィストさんのご子息さん。今日はどちらへ。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 新修宮沢賢治全集 第十四巻
  • 筑摩書房
  • 1980(昭和55)年5月15日