わがふつぶんだんに「なくてはならぬぶぶん」をのこす ――「よしえたかまつぜんしゅう」すいせんのじ――
わが仏文壇に「なくてはならぬ部分」を残す ――「吉江喬松全集」推薦の辞――

文字遣い

新字旧仮名

初出

「吉江喬松全集 内容見本」白水社

底本

  • 岸田國士全集25
  • 岩波書店
  • 1991(平成3)年8月8日