あきたかいどう
秋田街道

冒頭文

どれもみんな肥料や薪炭をやりとりするさびしい家だ。街道のところどころにちらばって黒い小さいさびしい家だ。それももうみな戸を閉めた。 おれはかなしく来た方をふりかへる。盛岡(もりをか)の電燈は微(かす)かにゆらいでねむさうにならび只(ただ)公園のアーク燈だけ高い処(ところ)でそらぞらしい気焔(きえん)の波を上げてゐる。どうせ今頃(いまごろ)は無鉄砲な羽虫が沢山集ってぶっつかったりよろけたり

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 新修宮沢賢治全集 第十四巻
  • 筑摩書房
  • 1980(昭和55)年5月15日