ひらのよしたろうあてしょかん 08 せんきゅうひゃくさんじゅうさんねんさんがつ
平野義太郎宛書簡 08 一九三三年三月

冒頭文

その後は講座のことも、四半期報のことも全く放棄の形で何とも申訳ございません。またまた十日ばかり前から盲腸炎を再発致しましたので、また当分絶対安静を余儀なくされてしまいました。講座及び「資本論」の方何卒よろしく御願いします。私担当分の講座原稿は一応の準備ができておりますから臥床(がしょう)中執筆、第六回配本に間に合わすよういたします。 なお帯刀貞代氏(旧姓織本氏)から同封のような御手紙が参りました

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 野呂栄太郎全集 下
  • 新日本出版社
  • 1994(平成6)年12月5日