ひらのよしたろうあてしょかん 05 せんきゅうひゃくさんじゅうにねんごがつにじゅうさんにち
平野義太郎宛書簡 05 一九三二年五月二十三日

冒頭文

拝復 たびたび御手紙賜(たま)わりありがたく存じます。その都度御返事申し上ぐべきところ延引仕(つかまつ)り何とも申訳ございません。御蔭でいよいよ第一回配本を了したこと喜びと感謝にたえません。 井汲、逸見両兄の方へは督促の手紙を出しておきましたが、なお積極的に促進するや(ママ)二十五頃上京して両兄に直々会って後日後れさせぬよう協力することにいたしました。 羽仁兄も丁度来られたので至急脱稿方依頼

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 野呂栄太郎全集 下
  • 新日本出版社
  • 1994(平成6)年12月5日