ひょうだいのつけかた
標題のつけ方

冒頭文

小説や戯曲の標題について、いろいろ知つてゐることを書けといふ註文で、これは恐らく試験ならば応用問題に属するのであらうが、私は、創作科の一学生として、今から与へられた枚数の答案を作つてみるつもりである。          ★ 標題とは、つまり、作品の名刺みたいなものである。名刺といふものは、当人の自己紹介に役立つものであるが、それは決して肩書のみがものをいふのではなく、型の大小、紙質、活

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 岸田國士全集22
  • 岩波書店
  • 1990(平成2)年10月8日