じょゆうとげきさっか
女優と劇作家

冒頭文

劇作家が自分の恋人を其の作品の女主人公にすることは、極めて有り得べきことである。しかしまた、或る作品の女主人公に扮した女優が、その作品の作者と恋愛関係に陥ることも稀ではない。なほまた、劇作家が自分の恋する女優の為めに、彼女自身をモデルとして作品を物することも屡々あるに違ひない。 此の場合、凡庸な作家とおちやつぴい女優との関係は固より問題とするに足らないが、少くともその一方が、才能ある劇作

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 岸田國士全集20
  • 岩波書店
  • 1990(平成2)年3月8日