たまつきのふ
玉突の賦

冒頭文

「いくつお突きなります」 「さあ、しばらく突かないんですが……」 玉突く男は曲者。 三十? 四十? 五十? ………… 「ぢや、百にして見て下さい」 ——こいつ、百なもんか! 「どうぞ」 「さうですか」 コツン、コツリン……。 ——ふたあつ……。 コチツ、ポツン……。 ——ふたつ当り……。 やれ、やれ。 「しつかりおや

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 岸田國士全集20
  • 岩波書店
  • 1990(平成2)年3月8日