いわなみしげおあてしょかん 02 せんきゅうひゃくさんじゅういちねんくがつにじゅういちにち
岩波茂雄宛書簡 02 一九三一年九月二十一日

冒頭文

拝啓前略 先日は失礼仕(つかまつ)りました、講座の方は着々進行しておりますから御安神願います。 さて逸見重雄君の奥様が何かで生活費の一部なりとも稼ぎたいと申すのでございますが、校正の仕事にでも御雇い願えれば幸と存じますが、御都合如何でございましょうか? 逸見君は産業労働調査所の仕事に没頭しているのですが、この方からは殆んど生活費が得られず、翻訳等によっているのですが、昨今の時世では仕事の片手

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 野呂栄太郎全集 下
  • 新日本出版社
  • 1994(平成6)年12月5日