でんとうとしんしゅ
伝統と進取

冒頭文

ひたすらに伝統の匂いをかいで足れりとする者であるかのような非難を私は近頃うけた。これは馬鹿げた非難だと一口でいってしまえばそれまでのことであるが、また考えようによってはいい機会でもあるから、果してこの非難が当っているかどうかを、私は出来るだけ客観的に自分について調べてみたいと思う。 この非難は二つの事項を含んでいる。ひたすら伝統の匂いをかぐというのが一つであり、それだけで足れりとするとい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 九鬼周造随筆集
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1991(平成3)年9月17日