かれいのおくりもの
かれいの贈物

冒頭文

十二月も半ば過ぎた頃であった。村上は友人の山崎を自宅の昼飯に招いた。独身者同様の村上は時にこうして十五ばかり年下の山崎と会食をしながら寛(くつろ)いだ気もちで談笑するのが好きであった。年齢の相違もあるので二人の間には師弟といったような感覚も交っていた。村上が二階の書斎で手紙を書いていると女中が山崎の来たことを告げながら 「これを頂戴いたしました」 といって干鰈(ほしがれい)の沢山入った籠(

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 九鬼周造随筆集
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1991(平成3)年9月17日