かば
河馬

冒頭文

河馬の歌 うす紅くおほに開(ひら)ける河馬の口にキャベツ落ち込み行方知らずも ぽつかりと水に浮きゐる河馬の顏郷愁(ノスタルヂア)も知らぬげに見ゆ この河馬にも機嫌・不機嫌ありといへばをかしけれどもなにか笑へず 赤黒きタンクの如く並びゐる河馬の牝(めす)牡(をす)われは知らずも 水の上に耳と目とのみ覗きゐていぢらしと見つその小さきを     ×    × わが前に巨(おほ)き河馬の尻む

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 中島敦全集2
  • 筑摩書房
  • 2001(平成13)年12月20日