さおのしずく
さをのしづく

冒頭文

ある人のもとにて紫式部と清少納言のよしあしいかになどいふ事の侍りし 人は式部〳〵とたゞほめにほめぬ しかあらんそれさる事ながら清はらのおもとは世にあはれの人也 名家の末なれば世のおぼえもかろからざりしやしらず 万に女ははかなき物なればはか〴〵しき後見などもなくてはふれけむほどうしつらしなどみにしみぬべき事ぞ多かりけらし やう〳〵宮づかへに出初ぬる後宮の御いつくしみにさる人ありとしられ初て香爐峯の雪

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 樋口一葉全集 第三卷(下)
  • 筑摩書房
  • 1978(昭和53)年11月10日