ほごしらべ
反古しらべ

冒頭文

Ⅰ 虫干すとてかびくさき反古どもあまた取出しける中に、故兄が殘したるくさ〴〵の筆記あり、ことこまかにしるしとゝ((ゞ))めたるさま、これはそれの夏、腦の病ひおこらんとせし前の月こゝろをとゝ((ゞ))めて物しつるなり、今かたつかたハ霜こほる冬のよ、毎よさかならず父母が寐間をうかゝ((ゞ))ひて裾に物をおき、襖のたてつけをあらためし頃ほひ、今宵ハいと寒きに早く寐よかし風もぞ引くと母の仰せつるに、承り

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 樋口一葉全集 第三卷(下)
  • 筑摩書房
  • 1978(昭和53)年11月10日