かがくてきしんぶんきしゃ
科学的新聞記者

冒頭文

人はこの語の意味する明瞭なる理念を知るものは稀であるが、屡宇宙という語を口にする。だが、宇宙に関する近代的理念は思ったよりも空漠である。この空漠性は最近の世紀に於ける包括的思索が欠けているからである。その原因は、統一された中世紀の文明崩壊に次いで、極度の個人主義が跋扈したからである。紀元後千三百年頃には、人は明に、また大に信じて、彼の宇宙に関する理念を語り得た。その後、知識は駸々乎として長大足の進

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 畜生道の地球
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1989(平成元)年10月10日