ほくろうらいあん
北朗来庵

冒頭文

その昔し、豊臣家が亡びかけてからの事、和寇と云ふものがあつて支那の東南の海岸を荒す、其の勢すさまじく、支那人大に恐れをなして、南清のある孤島に高い〳〵見張所をこしらへて、いつもその見張所の上に番人が居て、和奴来るや否やと眼を皿大にして見て居る。若しそれ、日の丸だとか、丸に二ツ引きだとか、丸に十の字だとか、さう云ふ旗じるしを差上げた船が見えようものなら、和寇来る、と八方に打電(でもあるまいが)したも

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 尾崎放哉全集 増補改訂版
  • 彌生書房
  • 1972(昭和47)年6月10日、1980(昭和55)年6月10日増補改訂版