おどるちへいせん 10 ながぐつのはる
踊る地平線 10 長靴の春

冒頭文

1 反照電熱機のような、香橙色(オレンジ)の真(ま)ん円(まる)な夕陽を、地中海が受け取って飲み込んだ。同時に、いろいろの鳥が一せいに鳴き出して、白楊(はくよう)の林が急に寒くなった。私は、それらの現象を、すこしも自分に関係のないものとして、待合室の窓から眺めていた。その窓硝子(ガラス)には、若い春の外気が、繊細な花模様を咲かせていた。 そこは、ふらんすと伊太利(イタリー)の国境駅

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 踊る地平線(下)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1999(平成11)年11月16日