おどるちへいせん 05 びゃくやげんそうきょく
踊る地平線 05 白夜幻想曲

冒頭文

秋の静物 旅は、この散文的な近代にのこされたただひとつの魔法だ。 ある日、まったく系統のちがった一社会(コミュニティ)に自分じしんを発見する。その異国的な、あまりに異国的な、ときとして all-at-sea の新環境を呼吸するにいそがしいうちに、調べ革のように自働的に周囲がうごいて、またまたほかの不思議な現象と驚異と感激と恍惚が私たちのまえにある。 たとえばこの朝、鉛いろ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 踊る地平線(上)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1999(平成11)年10月15日