おどるちへいせん 01 おどるちへいせん
踊る地平線 01 踊る地平線

冒頭文

SAYONARA がたん! ——という一つの運命的な衝動を私たちの神経につたえて、午後九時十五分東京駅発下関行急行は、欧亜連絡の国際列車だけに、ちょいと気取った威厳と荘重のうちにその車輪の廻転を開始した。 多くの出発と別離がそうであるように、じつに劇的な瞬間が私たちのうえに落ちる。 まず、車窓のそとに折り重なる人の顔が一つひとつ大きな口に変って、それら無数の巨大な口

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 踊る地平線(上)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1999(平成11)年10月15日