わたしのかつどうしゃしんぼうかんし
私の活動写真傍観史

冒頭文

明治三十九年の秋だつたと思う。 当時七歳の私は父に連れられて神戸港新開地の掛小屋で活動写真に見いつていた。 天幕のすきまからはいつてくる風にあおられて波のようにうねる映写幕には日露戦争の実況(?)が写つていた。 我々は観客席(といつてもそこは材木と布でしきられた何坪かのじめじめした地面にすぎないのであるが)に立つて押しあいながら見ていた。もちろん私のような子供は一番前

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 新装版 伊丹万作全集2
  • 筑摩書房
  • 1961(昭和36)年8月20日