わしのす
鷲の巣

冒頭文

[#ここから5字下げ、29字詰め、ページの左右中央に] ビョルンステェルネ・ビョルンソン Björnstjerne Björnson (1832-1910)。イプセンと並び稱せられるノールウェイの文豪。牧師の子と生れ、詩に、劇に、ジャーナリズムに又演説に、その一生は實にあらゆる方面に於ける活動の連續であつた。けれども、彼は一面ラヂカリストなると共に、他面、守舊的であつた。文學に於て又思想に於

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 北歐近代短篇集
  • 白水社
  • 1939(昭和14)年6月30日