はくぶつしあとがき
博物誌あとがき

冒頭文

『博物誌』という題は“Histoires Naturelles”の訳であるが、これはもうこれで世間に通った訳語だと思うから、そのまま使うことにした。 フランスにおける原著の最初の出版は一八九六年で、四十五の項目しかなかった。一九〇四年にフラマリオン社から出たのが、まず当時の決定普及版と言ってよく、七十項目から成っている。この訳はそれに拠(よ)ったものである。ボナールの挿絵もこの版では原本から

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 博物誌
  • 新潮文庫、新潮社
  • 1954(昭和29)年4月15日