ひゃくものがたり
百物語

冒頭文

今から八十年ほどの昔——と言いかけて、O君は自分でも笑い出した。いや、もっと遠い昔になるのかも知れない。なんでも弘化元年とか二年とかの九月、上州(じょうしゅう)の或る大名の城内に起った出来事である。 秋の夜に若侍どもが夜詰(よづ)めをしていた。きのうからの雨のふりやまないで、物すごい夜であった。いつの世もおなじことで、こういう夜には怪談のはじまるのが習いである。そのなかで、一座の先輩と仰

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 異妖の怪談集 岡本綺堂伝奇小説集 其ノ二
  • 原書房
  • 1999(平成11)年7月2日