じんこうろん 00 やくじょ/はんれい/かいせつ/じょげん/まえがき
人口論 00 訳序/凡例/解説/序言/前書

冒頭文

訳序 マルサス『人口論』の第一版と第二版との間に大きな差異があることは、どの本にも書いてあり誰でも知っている。しかしその第二版以後がどうかということになると、余りはっきりしていないようである。しかし実際は、『人口論』はマルサスの生きている間に六版を重ねており、その各々にはいずれも訂正または増補が行われているのであって、同一の版本は一つもないのである。もちろん第二版の訂正増補が最大であるが、こ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 各版對照 マルサス 人口論1
  • 春秋社
  • 1948(昭和23)年10月15日