かぶしきなかがいてんてんいん
株式仲買店々員

冒頭文

結婚してからほどなく、私はパッディングトン区にお得意づきの医院を買った。私はその医院を老ハルクハー氏から買ったのであるが、老ハルクハー氏は一時はかなり手広く患者をとっていたのであった。しかし寄る年波とセント・ビタス・ダンスをする習慣があったためすっかりからだを悪くしたので、だんだんお客をなくして淋(さび)れてしまった。世間の人と云うものは、病人を治療する人間は、その人自身が健康でなくてはならない。

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 世界探偵小説全集 第三卷 シヤーロツク・ホームズの記憶
  • 平凡社
  • 1930(昭和5)年2月5日