いっすんぼうし
一寸法師

冒頭文

一 むかし、摂津国(せっつのくに)の難波(なにわ)という所(ところ)に、夫婦(ふうふ)の者(もの)が住(す)んでおりました。子供(こども)が一人(ひとり)も無(な)いものですから、住吉(すみよし)の明神(みょうじん)さまに、おまいりをしては、 「どうぞ子供(こども)を一人(ひとり)おさずけ下(くだ)さいまし。それは指(ゆび)ほどの小(ちい)さな子でもよろしゅうございますから。」

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の古典童話
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 1983(昭和58)年6月10日