ふくしゅう・せんそう・じさつ
復讐・戦争・自殺

冒頭文

復讐 人間の心界に、頭は神にして脚は鬼なる怪物棲(す)めり。之を名(なづ)けて復讐と云ふ。渠(かれ)は人間の温血を吸ひて人間の中に生活する無形動物にして、古(いにし)へより渠が為に身を誤りたるもの、渠によりて志を得たるもの、渠の為に苦しみたるもの、渠の為に喜びたるもの、挙(あげ)て数ふべからざるなり。 見よ、戯曲は渠を以て上乗の題目とするにあらずや、見よ、世間は渠を以て尊ふとむべき

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 現代日本文學大系 6 北村透谷・山路愛山集
  • 筑摩書房
  • 1974(昭和44)年6月5日