だいぼさつとうげ 24 るてんのまき
大菩薩峠 24 流転の巻

冒頭文

一 宇治山田の米友は、碓氷峠(うすいとうげ)の頂(いただき)、熊野権現の御前(みまえ)の風車に凭(もた)れて、遥かに東国の方を眺めている。 今、米友が凭れている風車、それを米友は風車とは気がつかないで、単に凭れ頃な石塔のたぐいだと心得ている。米友でなくても、誰もこの平たい石の塔に似たものが、風車だと気のつくものはあるまい。子供たちは、紙と豆とでこしらえた風車を喜ぶ。ネザランドの農家

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 大菩薩峠9
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1996(平成8)年4月24日