たきたてつたろうくん
滝田哲太郎君

冒頭文

◇ 滝田君(くん)に初(はじ)めて会(あ)ったのは夏目先生のお宅(たく)だったであろう。が、生憎(あいにく)その時のことは何も記憶(きおく)に残(のこ)っていない。 滝田君(くん)の初(はじ)めて僕(ぼく)の家へ来たのは僕(ぼく)の大学を出た年の秋(あき)、——僕(ぼく)の初(はじ)めて「中央公論(ちゅうおうこうろん)」へ「手巾(はんけち)」という小説(しょうせつ)を書いた時である

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 大川の水・追憶・本所両国 現代日本のエッセイ
  • 講談社文芸文庫、講談社
  • 1995(平成7)年1月10日