だいぼさつとうげ 22 しらほねのまき
大菩薩峠 22 白骨の巻

冒頭文

一 この際、両国橋の橋向うに、穏かならぬ一道の雲行きが湧き上った——といえば、スワヤと市中警衛の酒井左衛門の手も、新徴組のくずれも、新たに募られた歩兵隊も、筒先を揃(そろ)えて、その火元を洗いに来るにきまっているが、事実は、半鐘も鳴らず、抜身の槍も走らず、ただ橋手前にあった広小路の人気が、暫く橋向うまで移動をしたのにとどまるのは、時節柄、お膝元の市民にとっての幸いです。というのはこのほど、両

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 大菩薩峠7
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1996(平成8)年3月21日