クリスマス・カロル
クリスマス・カロル

冒頭文

第一章 マアレイの亡霊 先ず第一に、マアレイは死んだ。それについては少しも疑いがない。彼の埋葬の登録簿には、僧侶も、書記も、葬儀屋も、また喪主も署名した。スクルージがそれに署名した。そして、スクルージの名は、取引所においては、彼の署名しようとするいかなる物に対しても十分有効であった。 老マアレイは戸の鋲のように死に果てていた。 注意せよ。私は、私自身の知識からして、戸

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • クリスマス・カロル
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1929(昭和4)年4月20日