くうかんがいねんのぶんせき
空間概念の分析

冒頭文

一 準備的考察——概念の分析に就いて 吾々の問題を正当に提出し得るためには、提出に先立って、次の準備が是非とも必要である。 第一に、吾々は何を概念と呼ぶか。 その説明を試みるために、理解という言葉から出発しよう。考え・思惟し、知り・判り・認識すること、即ち知識と知恵、並びに夫と直ちに一つではなくても夫に基く限りの一切のもの、一言で云うならば最も源泉的な意味でのロゴスの

文字遣い

新字新仮名

初出

「思想 第八〇号、第八二号」

底本

  • 戸坂潤全集 第一巻
  • 勁草書房
  • 1966(昭和41)年5月25日