ぶつりてきくうかんのせいりつまで (カントのくうかんろん)
物理的空間の成立まで (カントの空間論)

冒頭文

一 私はカントから出発する。併しカントの空間論に用いられる概念の間の関係は決して明晰ではない。之を予め纏めて見たいと思う。第一批判の「空間概念の形而上学的吟味」によれば空間は経験的概念でもなく又「物一般の関係に就いての比量的な所謂一般概念」でもない。概念は表象の Menge をその下に unter sich 含むものとは表象されるが決してそれをその内に in sich 含むものとは考えら

文字遣い

新字新仮名

初出

「哲学研究 第一〇巻第一〇六号」

底本

  • 戸坂潤全集 第一巻
  • 勁草書房
  • 1966(昭和41)年5月25日