だいぼさつとうげ 27 れいぼのまき
大菩薩峠 27 鈴慕の巻

冒頭文

一 天井の高い、ガランとした田舎家(いなかや)の、大きな炉の傍(はた)に、寂然(じゃくねん)として座を占めているのが弁信法師であります。 時は夜であります。 弁信の坐っている後ろには、六枚屏風(びょうぶ)の煤(すす)けたのがあって、その左に角行燈(かくあんどん)がありますけれど、それには火が入っておりません。 自在鉤(じざいかぎ)には籠目形(かごめがた)の鉄瓶が

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 大菩薩峠11
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1996(平成8)年5月23日