アラビヤンナイト 04 よん、ふなのりシンドバッド
アラビヤンナイト 04 四、船乗シンドバッド

冒頭文

バクダッドの町に、ヒンドバッドという、貧乏(びんぼう)な荷かつぎがいました。荷かつぎというのは、鉄道の赤帽(あかぼう)のように、お金をもらって人の荷物を運ぶ人です。 ある暑い日のお昼から、ずいぶん重い荷物をかついで歩いていましたが、しずかな通りへさしかかった時、大そうりっぱな家が立っているのが、目に入りました。ヒンドバッドは、その門のそばで、少し休むことにしました。 その家は、

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • アラビヤンナイト
  • 主婦之友社
  • 1948(昭和23)年7月10日