「あめのふるひはてんきがわるい」じょ
「雨の降る日は天気が悪い」序

冒頭文

本書の表題は今から七年前、昭和二年の正月以降數ヶ月に亙つて月刊誌『隨筆』紙上に寄稿した私の隨筆のそれである。劈頭に『分かり切つてる事を並べ立てるのだから、こんな題を付けて見た‥‥』と該誌一月號に書いた。こんな書物を刊行するといふ考は初めから無かつたのだが、高楠正男さんに是非ともと曰はれたので、遂に公刊することにした。書名も同君が『是が面白い、かうして出さう』と曰はれたので、之に從つたのである。

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 雨の降る日は天気が悪い
  • 大雄閣
  • 1934(昭和9)年9月23日