あかはたじけんのかいこ
赤旗事件の回顧

冒頭文

回顧すれば、すでにほとんど二〇年の昔である。何かそれについて書けと言われる。今さらながら自分の老いを感ぜざるをえない。昔語りは気恥ずかしくもある。しかし、それも一興として、あるいは多少の参考として、読んでくれる人も無いではあるまい。しばらく昔の夢に遊んでみる。 神田錦町の錦輝館(きんきかん)の二階の広間、正面の舞台には伊藤痴遊君が着席して、明智光秀の本能寺襲撃か何かの講演をやってる。それ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 堺利彦全集 第三巻
  • 法律文化社
  • 1970(昭和45)年9月30日