しゅうとめとよめについて(ふたたび)
姑と嫁に就て(再び)

冒頭文

本誌の此號に「與謝野晶子氏に呈す」と云ふ一文が載つて居ります。それは前號の本誌で私が某工學士と云つた中根氏が私に寄せられた私信ですが、私の所感の中にある事實の相違を訂正するのに最も便宜だと思ひますから特に本誌に載せることにしました。私のあの文章を書いた眞意が某學士の家に起つた不祥事を批評するのが主でなくて、其事件を新聞紙上で知つて偶ま私が平生日本の姑と嫁とに就て考へて居る所を述べる機會を得たのであ

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 定本 與謝野晶子全集 第十五卷 評論感想集二
  • 講談社
  • 1980(昭和55)年5月10日