にほんてんぺんちいき
日本天変地異記

冒頭文

序記 国土成生の伝説 大正十二年九月一日の大地震及び地震のために発したる大火災に遭遇して、吾吾日本人は世界の地震帯に縁取(ふちど)られ、その上火山系の上に眠っているわが国土の危険に想到して、今さらながら闇黒な未来に恐怖しているが、しかし考えてみれば、吾吾は小学校へ入った時から、わが国土が地震と火山とに終始していて、吾吾国民の上には遁(のが)れることのできない宿命的な危険が口を開いて待っている

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 貢太郎見聞録
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1982(昭和57)年6月10日