へんさいじょき
変災序記

冒頭文

大正十二年九月一日の朝は、数日来の驟雨模様の空が暴風雨の空に変って、魔鳥の翅(はね)のような奇怪な容(かたち)をした雲が飛んでいたが、すぐ雨になって私の住んでいる茗荷谷(みょうがだに)の谷間を掻き消そうとでもするように降って来た。私は平生のように起きて、子供たちと一緒に朝飯を喫(く)い、それから二階へあがって机に向ったが、前夜の宿酔のために仕事をする気になれないので、籐(とう)の寝椅子によっかかり

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 貢太郎見聞録
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1982(昭和57)年6月10日