かぜはくさきにささやいた 01 かぜはくさきにささやいた
風は草木にささやいた 01 風は草木にささやいた

冒頭文

此の書を祖國のひとびとにおくる  なんぢはなんぢの面に汗して生くべし  人間の勝利 人間はみな苦んでゐる 何がそんなに君達をくるしめるのか しつかりしろ 人間の強さにあれ 人間の強さに生きろ くるしいか くるしめ それがわれわれを立派にする みろ山頂の松の古木(こぼく)を その梢が烈風を切つてゐるところを その音の痛痛しさ その音が人間を力づける 人間の肉に喰ひいるそ

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 日本現代文學全集 54 千家元麿・山村暮鳥・佐藤惣之助・福士幸次郎・堀口大學集
  • 講談社
  • 1966(昭和41)年8月19日