しけいしゅうさいごのひ
死刑囚最後の日

冒頭文

一 ビセートルにて 死刑囚! もう五週間のあいだ、私はその考えと一緒に住み、いつもそれと二人きりでおり、いつもその面前に凍(こご)えあがり、いつもその重みの下に背を屈めている。 昔は、というのもこのいく週かがいく年ものように思われるからであるが、昔は私も他の人々と同じように一人前の人間だった。どの日にも、どの時間にも、どの分秒にも、それぞれの思いがあった。私の精

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 死刑囚最後の日
  • 岩波書店
  • 1950(昭和25)年1月30日、1982(昭和57)年6月16日改版