ジャン・クリストフ 02 かいやくについて
ジャン・クリストフ 02 改訳について

冒頭文

「ジャン・クリストフ」は、初めカイエ・ド・ラ・キャンゼーヌ中の十七冊として発表され、次で十冊の書物として刊行されていたが、一九二一年に、改訂版四冊として再刊された。そのさい作者は、この長編の全部にわたって、至るところに多少改竄(かいざん)の筆を加えている。自作を疎(おろそ)かにしない作者の気質がそこに見らるるとともに、また、この作品が作者にとっていかにも親愛なものだったことが察せらるる。私は今機会

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • ジャン・クリストフ(一)
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1986(昭和61)年6月16日